皮膚科で脱毛するのが一番おすすめ!

皮膚科の脱毛は今、サロン脱毛より注目されていることを知っていますか? 以前はサロンのほうが安いということで人気を集めていましたが、サロンは10回〜20回も通ってようやく完了。

 

それに対して、皮膚科や美容外科は圧倒的に少ない回数で終わるため、安い医療脱毛クリニックを見つけられれば、サロンと料金があまり変わらないことが話題になりました。

 

それなら、より効果が高く、早くツルツルになって、安心のお医者さんのほうがいいというのは、みんなの当たり前の意見ですよね。

 

そこで、このサイトでは、安い料金で施術できるおすすめの医療脱毛クリニックをご紹介します!

 

皮膚科・美容外科でできるおすすめ脱毛

 

湘南美容外科

東京、大阪、名古屋をはじめ全国的に展開している湘南美容外科は、料金が安いことでも評判です。アレキサンドライトレーザーを採用しています。

 

アリシアクリニック

口コミでの人気も高く、料金が安いのがアリシアクリニック。最新のライトシェア・デュエットです。

 

クリニックは東京、神奈川、埼玉、千葉のみの展開で、池袋、新宿、銀座、表参道、上野、横浜、船橋、渋谷、大宮です。

 

リゼクリニック

リゼクリニックも安いと評判の医療機関。ライトシェア・デュエット、メディオスターNeXT、ジェントルYAGの3種類のマシンがあります。

 

東京は新宿、渋谷に。そのほか横浜、大阪梅田、心斎橋、神戸三宮、名古屋栄、仙台、新潟、広島、福岡天神、札幌、四日市、京都で展開しています。

 

 

脱毛には皮膚科の医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛があるんです

皮膚科や美容外科で行われるのはドクターによる医療レーザー脱毛という脱毛方法です。エステサロン脱毛との違いや、そのメリット・デメリットなどを詳しく説明します。

 

皮膚科の医療レーザー脱毛とエステサロン脱毛との違い

プロの脱毛というと医療レーザー脱毛、そしてエステサロン脱毛があり、どちらも高い効果を得ることができます。
こうした施術を検討している場合は、まずはそれぞれの違いをよく理解しておきましょう。

 

医療レーザー脱毛とは?

皮膚科や美容外科で行われている脱毛は医療レーザー脱毛で、こちらはサロンの光脱毛とは違い、ドクターによる医療行為となります。脱毛してもらう側は、患者ということになります。

 

花嫁さんの背中

医療レーザー脱毛のメリット・デメリット

メリットとしては、医療レーザー脱毛はエステサロンの脱毛よりも出力が高いので、早く効果が出せる傾向にあります。
それゆえ通う回数も少なく抑えることができますし、永久脱毛の効果も期待できます。
効果が高いこともあり、剛毛の人にもしっかり対応することができます。髭などの太く濃い毛にも対応できますので男性にも利用者が多くなっています。
医療の知識を持つ看護師や医師が担当してくれますので、安心して施術を受けれる、もしもの肌トラブルにもすぐに対応できることもメリットです。

 

デメリットとしては、やや痛みが強い傾向にあります。最近はより痛みが少ない機器も登場していますし、痛みに弱い場合は麻酔クリームで対応してもらうこともできます。
費用はエステサロンに比べてやや高い傾向にありますが、クリニックやサロンごとに違いがありますので、よく比較しておきましょう。

 

エステサロン脱毛とは?

まず、エステサロン脱毛はエステサロン、専門の脱毛サロンで行われている施術で光脱毛、フラッシュ脱毛などと呼ばれている方法です。
特殊な光が利用されていますが、皮膚科や美容外科といった医療機関で利用されているレーザーとはまったく違うもので、出力も弱くなっています。

 

エステサロン脱毛のメリット・デメリット

肌にやさしい、痛みが少ない、スキンケアが丁寧に行われている、費用が安く利用できるなどのメリットがあります。
デメリットは出力が弱いこともあり、効果が出るのには少し時間がかかる傾向にあります。
医療機関ではありませんので、もしも肌トラブルが起きたときにもすぐに対応してもらうことはできず、提携の医療機関で治療を受けることとなります。

 

皮膚科の医療レーザー脱毛の施術期間や脱毛方法

皮膚科や美容外科で行われている医療レーザー脱毛に興味を持っている方も多いと思います。サロンの光脱毛に比べて高出力のレーザーを使ってムダ毛を脱毛できるのが大きな魅力です。濃いムダ毛はもちろん、サロンでは脱毛するのが難しいといわれる産毛や薄いムダ毛もしっかりとツルツルにしていくことができます。

 

女性の白い二の腕

脱毛方法について

医療レーザー脱毛は、ムダ毛にレ-ザー照射することで毛根に大きなダメージを与えて再生能力を弱らせながら薄く目立たなくしていく脱毛方法です。毛根部には毛乳頭のような再生組織が集中していて、ムダ毛のメラニンに吸収される性質を持ったレーザーで破壊していくことで大きな効果を得ることができます。

施術期間について

医療レーザー脱毛で急いでツルツルにしたいと考えている方もいると思いますが、より効率的に脱毛していくためには毛周期を考慮しながら施術を進めていく必要があります。
毛周期とはムダ毛の生え変わるサイクルのことです。毛周期には次の3つの期があります。

  • 毛が生え始める成長期
  • 生えた毛が弱っていく退行期
  • 弱った毛が抜け落ちる休止期

医療レーザー脱毛では、成長期の間に照射することで最も効果的なダメージを再生組織に与えることが可能になります。反対に、退行期や休止期の時期にいくら照射しても脱毛効果を得るのは難しくなります。
満足できる効果を実感できるまでの回数は部位によって異なりますが、平均して5〜10回程度の施術で十分な脱毛効果を得ることができるでしょう。毛周期を考慮しながら施術を行うため、半年~1年程度の施術期間となります。

医療レーザー脱毛は永久脱毛?

医療レーザー脱毛は永久脱毛ともいえる強力な施術ですが、施術が完了した後でも100%ムダ毛が再生してこないわけではありません。しかし再生してきた場合でも、細くなったムダ毛がまばらに生えてくる程度なので楽に処理できるようになるでしょう。

 

皮膚科の医療レーザー脱毛の種類と料金について

皮膚科や美容外科で扱っている脱毛機械はほとんどが「医療レーザー脱毛」です。エステやサロンで扱いがある「光脱毛」と違い、単一の波長で集中的に熱を集める施術法です。これにより、より強い脱毛効果が期待できます。

 

微笑む女性

皮膚科の医療レーザー脱毛の種類

医療レーザー脱毛には大きく分けて2種類の機種が使われており、それぞれをアレキサンドライトレーザー、ライトシェア・デュエットといいます。アレキサンドライトレーザーは波長が755nmで、日本人の肌によくあった機械といえます。太く濃い毛に有効な機械と言われています。ライトシェア・デュエットは冷却装置がついており、冷却と同時に脱毛を行うことができます。照射口が四角いため、照射漏れが少ないものメリットです。どちらも強い熱で脱毛を行うため、肌の乾燥や赤みが出るなどの副作用が発生する場合があります。

医療レーザー脱毛の料金相場

医療レーザー脱毛はエステやサロンと比べて高額になりがち、というのが一般の認識でした。効果が高いので、6回ほどで脱毛が完了する人も少なくなく、全身を施術するとなると40万円ほどの料金がかかります。デリケートゾーンだけでも10〜15万円、ワキだけでも1〜2万円が相場です。安い皮膚科、美容外科がみつかれば、もう少し値段を抑えられます。

 

月額制全身脱毛サロンの一般的な相場は、毎月2回通い続けて、2年間で全身12回という計算になります。これで24万円。この回数で自己処理不要の状態になれば安いですが、3年間かけて全身18回となると36万円ですので、医療レーザー脱毛と変わりません。

 

さらに、月額制全身脱毛サロンは、生理や他の予定ででキャンセルしてしまうこともあり、実際に通う回数と金額はもう少し増える可能性があります。月にきっちり2回通えなくても月額料金が一定となっています。

 

以上のように、最終的な効果、完了する回数、面倒臭さ、交通費、安全性まで考えると安いのはどちらともいえませんよね。

 

一部の部位のみ施術をするよりも、全身脱毛を契約してしまった方が安いためお得になる場合がほとんどです。ただし肌への刺激が強いため、機械によっては施術が出来る部位とそうでない部位があります。

 

光脱毛の効果が半永久と言われているのに対し、レーザー脱毛は効果が永久的だと言われています。エステやサロンと違い、お得なキャンペーンを行っている病院が少ないのが現状です。ただし利用者が少ないため、施術の予約自体は非常に取りやすいというメリットがあります。病院やクリニックは東京、大阪など都市部に集中しがちなので、地方に住んでいるとなかなか利用する機会がないかもしれません。

 

ライトシェア・デュエットとアレキサンドライトレーザー、それぞれの特徴や違い

病院の皮膚科やクリニックで扱われている「医療レーザー脱毛」ですが、現在では主に2つの機種が使われています。

ライトシェア・デュエットとは

1つはライトシェア・デュエットと呼ばれる機種です。産毛の施術ややわらかい毛にたいし、高い脱毛効果を発揮します。毛根へ与えるダメージ量がアレキサンドライトレーザーに比べて少ないので、痛みが少ないのが良い点です。照射範囲が広く、施術時間が短くすみます。また肌への負担も少ないことから、多くの病院やクリニックで扱われている機種はライトシェア・デュエットになります。アレキサンドライトレーザーと比較すると、濃い毛にたいして対応できない点がデメリットです。

アレキサンドライトレーザーとは

もう1つはアレキサンドライトレーザーと呼ばれる機種です。こちらは濃く太い毛に強いのが特徴です。それは機械がメラニン色素に反応し、脱毛を行うためです。毛が黒い濃いほど脱毛効果が高い機械と言われていますから、ワキやデリケートゾーンの施術に向いています。日焼けした肌や色素沈着があると施術を行うことができません。ライトシェア・デュエットに比べて発生する痛みが強いのも大きな違いです。施術後に冷却ガスにより肌を一気に冷やす必要があるため、冬場の施術は体の冷えとの戦いになります。

 

皮膚科は脱毛以外にもこんなに美容関連の診療項目がある!

最近の日本人女性の美容に関する意識は非常に高まってきており、より多くの人にとっては自分は綺麗でありたいという思いと、より美しく見られたいという思いから、美容に関する意識は非常に強く、またより多くの努力を重ねてきています。その中でも、女性が非常に気にしているのがお肌のメンテナンスについてで、より多くの女性がお肌のことについてはきっちりとした専門医に見てもらうなど、常日頃からしっかりと意識しています。

女性が皮膚科に行く目的

ビキニの女性

 

さらには、女性がよく行く専門医としては、皮膚科によく訪れるのですが、主な目的としてはムダ毛の処理や脱毛に関して見てもらうことが多くなります。特に夏場になると、プールや海に出掛ける女性も多くなってくるためデリケートゾーンや脚や脇といった部分の脱毛をしてもらう人が増えています。

 

最近の皮膚科においては、脱毛以外にも様々な診療項目があり、特に顔にできるニキビに関してもしっかりと見てもらおうという人がどんどんと増えてきています。ニキビに関しては一般の人の知識だけではなかなか治すことができないので、専門医にしっかりと診てもらう方がより効果的に治すことができます。さらには、多汗症の人は汗をおさえるためのお薬をのんだり皮膚が荒れていないかをきっちりと見極めてもらうことができます。さらには、ボトックスやしわといった個人的に悩んでいる人も皮膚科に行くことで、より効果的なアドバイスを受けることができます。さらには、ピアス開けに関しては専門医にしっかりと診てもらうことが大切になってきます。

 

皮膚科と美容外科の違いは?

年々強まる日差し、その他社会意識の変化もあり、近年は男女年齢の区別なくスキンケアに対する意識というものは向上しています。結果として一般の皮膚科でも日焼け止めを処方したりピーリング行為などの施術を行うようになってきており、美容皮膚科などではより専門的に美しさを目指す治療を受けることができます。しかしこれら皮膚科では美容外科のように鼻や目の整形、脂肪吸引、豊胸などといった大掛かりな手術までは行わず、そこが皮膚科と美容外科の大きな違いといえます。

皮膚科と美容外科、それぞれのメリット・デメリット

両方の科を併設して診療しているクリニックも多いので混同してしまいがちですが、皮膚のトラブルの治療を中心にレーザー等の医療行為を行う場合もあるのが皮膚科、メスを入れて形を大きく整形するのが美容外科と分けることができます。皮膚科の場合、美しさを求めても肌の状態を改善するくらいですが、そのかわり多くの施術は保険適用されるのがメリットです。

 

美容外科に関してはほとんどの施術が自由診療となり、実際に診療を受けることになると多額の治療費が必要となります。もちろんその料金に見合った審美的効果は得られ、別人のように生まれ変わることはできますが体に負荷をかける手術である以上リスクはあり、そこがデメリットといえます。

 

脱毛する個室

東京の皮膚科の紹介

ここでは、先ほど紹介したおすすめのクリニックの他に、東京で評判の高い皮膚科を紹介したいと思います。特に、値段が安いというところにはこだわった紹介ではありません。

 

美容皮膚科『すみれ皮膚科クリニック』

高い美容効果を得ることが出来るとしてエステサロンや美容サロンではなく、医療従事者が施術を行ってくれる美容皮膚科クリニックの利用が増えてきています。ただクリニックの規模によっても一般皮膚科しか行わない場所も多いですが、東京都江戸川区にあるすみれ皮膚科クリニックではフェノール法による巻き爪手術や、老化によるシミなどの肌トラブルに効果的なフォトフェイシャル、肌のくすみなどを綺麗にするケミカルピーリングなど幅広い美容施術を受けることが出来る特徴があります。

すみれ皮膚科クリニックの診療項目や特徴は?

人気が高い美容施術として多くの女性から支持されているのが医療脱毛です。初診時のみカウンセリング料、炎症止め、しみ予防薬剤を含めた3000円の支払いが発生しますが、再診料は発生しないので脱毛料金だけ支払う方法となります。施術内容は全身の部分脱毛を一回から一年フリーパスの二種類から選択することが出来ます。一年フリーパスとは一年間の内7回クリニックに通って施術を受けることが出来るので、二ヶ月に一度のペースでクリニックに通ってケアを受けるスタイルとなります。男性に向けた専用の脱毛コースも用意されていますので、ヒゲ脱毛などのムダ毛が濃い部分もしっかり医療脱毛を完了させることが出来ます。

 

すみれ皮膚科クリニックの地図と住所

すみれ皮膚科クリニックは、東京と千葉の境JR総武線、京成本線の小岩駅の北口から徒歩2分ほど。

 

 

東京都江戸川区西小岩1-26-7 ウィル小岩601

 

美容皮膚科『広尾プライム皮膚科』

広尾プライム皮膚科は美容皮膚科のクリニックです。美容皮膚科は一般の皮膚科とは異なり、皮膚病の治療ではなく、肌を美しくするための治療を行っていることが特徴です。ニキビやニキビ跡は一般の皮膚科でも治療することができますが、美容皮膚科では美容面を重視した治療が受けられます。

広尾プライム皮膚科の診療項目や特徴は?

広尾プライム皮膚科の診療項目は多岐にわたっており、妊娠線の解消や女性の薄毛HARG療法などの治療を受けることができます。広尾プライム皮膚科では毛細血管拡張症の治療も行っており、赤ら顔を改善することも可能です。毛細血管拡張症による赤ら顔は、メスや薬剤を使わないフォトフェイシャルで治せます。
フォトフェイシャルは、IPLと呼ばれる広域波長の光を肌に照射することによって、シミやそばかす、赤ら顔などを改善します。フォトフェイシャルはメスで皮膚を傷つけることはないので、傷跡が残ることは一切ありません。ダウンタイムもなく、治療が終わるとすぐに洗顔やメイクができます。
広尾プライム皮膚科では医療レーザー脱毛も行っており、肌を美しくしながらムダ毛を綺麗に処理することができます。永久脱毛をすることも可能で、施術を受けるとムダ毛の悩みが完全に解決します。

 

広尾プライム皮膚科の地図と住所

広尾プライム皮膚科は、東京のみ。恵比寿から徒歩5、6分の場所にあります。

 

 

〒150-0012 東京都渋谷区広尾1-1-39 恵比寿プライムスクエアタワー2F

 

 

優しい色の薔薇

美容皮膚科『ゆうスキンクリニック』

ツイッターの「漫画でわかる心療内科」でお馴染みのゆうメンタルクリニックが運営するのが、ゆうスキンクリニック。

 

ゆうスキンクリニックではニキビやアトピー性皮膚炎の診察をはじめ、レーザー脱毛やボトックス注射などの美容診療も行っている美容皮膚科です。診療項目としては、水虫やいぼなどの一般的な悩みも診てもらうことができます。大きな特徴として、「手のひら脱毛」と「スマスアップ」という人気の美容施術があります。

ゆうスキンクリニックの診療項目や特徴は?

手のひら脱毛とは、手のひらを大きさの目安として料金が決まるレーザー脱毛です。光脱毛と比べて高額になりがちなレーザー脱毛ですが、手軽な価格から施術を受けることができます。施術できる部位も多く、顔やデリケートゾーンといった部位も脱毛することができます。追加料金で麻酔も行ってもらえるので、痛みを感じることなく施術を終えることができます。女性はもちろん、男性の利用も可能です。

 

スマスアップとはメスを入れずにリフトアップができる美容整形手術です。年齢とともにたるんでしまった全体の皮膚や、筋肉を引き締めリフトアップさせることができます。これにより顔がシャープに見え、若返ったような見た目になることができます。スマスアップのメリットはメスもハリも使わない点です。痛みはまったくありません。腫れの心配もないので、ダウンタイムもなく手術を終えることができます。

 

ゆうスキンクリニックの地図と住所

ゆうスキンクリニックは、東京の池袋のみ。西口駅前です。

 

 

〒171-0021 東京都豊島区西池袋1-15-9 第一西池ビル7F